居心地がよく快適!おしゃれな北欧のインテリアについて基礎から解説します

おしゃれな北欧インテリアを、自宅に取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょうか。現代の日本では北欧風のアイテムは比較的手に入れやすく、多くの選択肢があるので購入する前にはあらかじめ解説に目を通しておくのがおすすめです。北欧インテリアはスウェーデンや、ノルウェーなどといった地域で生まれたスタイルです。シンプルで機能的なデザインが基本となっていて、素材には自然の温かみが感じられるものを使っていることが多くあります。

おしゃれな北欧のインテリアが生まれた背景

北欧の雑貨について説明していきたいと思います。北欧インテリアは、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、アイスランドなどで生まれたインテリアスタイルです。この地域は長い冬の間日照時間がとても短く暗くて寒い気候が続いてしまいます。そんななかでも、明るくて広々とした空間を作り出すことを目的として発症された背景があります。特徴は、シンプルで落ち着いていてミニマムなデザインとなっているので家でのひとときをより充実させることができるのです。自然の素材を利用することで明るい色合いになり機能性も良くなっていきます。他にも、木製の壁に白い壁、床暖房、そして自然光を取り入れるための大きな窓などが特徴となっています。また自然素材を使用しているため自然と調和していて、一人の時間をおとなの雰囲気で居心地のいい環境を演出することができるのです。そんな歴史ある北欧の商品を購入するのは家に来た人たちをもてなすという意味でもいいです。

北欧のインテリアならではの色使いとは

お洒落な雰囲気が漂う北欧インテリアに部屋をコーディネートしたいけれど、どのような色使いをすれば良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか。フィンランドやスウェーデンなど、北ヨーロッパの国々のスタイルを再現する北欧インテリアは比較的シンプルな印象のコーディネートが特徴です。色に関しても同様で、室内で過ごす時間が長い国々で発展したスタイルなので飽きのこないシンプルなカラーコーディネートとなっています。北欧風にするなら、基調色として用いるのはオフホワイトやベージュなどです。ベースとなる基調色は主に天井や壁、床といった広い面積のカラーに使います。それから室内に配置するアイテムとして主役になるものには淡い茶系やブルー、淡い緑色などナチュラルで優しい色合いのものを選ぶことが多いです。さらにアクセントカラーにはカラフルなものを取り入れると、北欧らしい温かみと遊び心の感じられる部屋になるのでおすすめです。

使い勝手とデザインに配慮された北欧のインテリア

部屋の印象を大きく変える力があるのがインテリアの良さになるので、自分が思い描く理想的な空間に仕上がるようにデザイン性と機能性が充実したものを積極的に見つけて購入していくことをおすすめします。 また、使い勝手が良くて同時にデザイン性にも優れている家具などを買いたいと希望している場合には、日本製とは一味違った魅力を兼ね備えている北欧インテリアを購入してみるのが良いでしょう。 北欧雑貨の魅力的なところは、シンプルでありながら上品な雰囲気を感じられるセンスの高い見た目のものが多いこと、そこにあるだけで大きな存在感があって雰囲気を一変してくれる魅力を持っていること、そして意外と値段が安くて買いやすいものが多い点も良さになっています。 かなり精巧な作りで素材の魅力を存分に活かした作りになっているものが多いので、飽きることなく長い間同じ家具を使用していきたいと希望しているなら、ぜひ目的に合った北欧製を見つけて買ってみることをおすすめします。

北欧のインテリアによく使われている自然素材

自宅だけでなくオフィスなど、人が過ごす空間を好みのインテリアでデザインする事が多いです。多くのデザインのなかで北欧タイプを選ぶ場合、良く使われている自然素材を把握しておく事もポイントになります。北欧タイプのインテリア自体は、シンプルな中に明るさを取り入れているのが特徴の1つです。使用される自然な素材としては木材があり、色合い自体も明るい物を選び木目もナチュラルなタイプを選ぶようにします。フローリングに使用するだけでなく、家具の他に装飾品でも多く木材は使用される傾向が高いです。通気性が高く肌触りのよいリネン素材があり、カーテンの他にクッションやテーブルクロスで多く使用される素材になります。寒冷の時期に多く使用される素材としてはウールがあり、ラグだけでなくクッションやブランケットでも愛用されている種類の1つです。大理石などを使用したストーンの他に、皮を活用したレザー製品も多く使用されており自然な色合いだけでなく質感や機能性も重要なポイントとなります。

居心地の良さを追求した北欧のインテリア

北欧インテリアはフィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークといった北欧諸国で発祥しました。
自然のぬくもりや優しさを大切にし、シンプルで機能的なデザインが特徴です。
魅力はなんといってもその居心地の良さです。
冬が長く寒い地域なので室内は暖かく、心地よい空間づくりが重視されてきました。
居心地の良さを支える要素は、大きく分けて以下の3つです。
木材やファブリックなどの自然素材を多用します。
木材の温かみやウールやコットンなどのファブリックの柔らかさは、くつろげる空間を演出します。
冬が長いため室内は暗くなりがちです。
そのため白やベージュ、ブルーなどの明るい色彩をベースに、アクセントに鮮やかな色を取り入れるのもおすすめです。
明るい色彩を多用して、室内を明るく開放的に見せます。
デザインはシンプルで機能的です。
余計な装飾を省くことですっきりとした印象を与え、気持ちよく過ごすことができます。
北欧インテリアは、お部屋の雰囲気をガラリと変えてくれる、魅力的なアイテムです。
ぜひ今回ご紹介したポイントを参考に、お部屋を快適な空間にしてみてはいかがでしょうか。

北欧インテリアに取り入れられているモチーフ

秋冬になると部屋の模様替えをするために、北欧インテリアに興味関心がある人が多いのではないでしょうか。
日本の和室、洋間と調和するのが魅力ですがよく取り入れられているモチーフには花や木々などの自然ねこやうさぎ、はりねずみ、りすなどの動物、幾何学模様などがあります。
暑い時期は涼し気な印象の紺やブルーなどのカラーが人気ですが、寒い時期になると温かみのある色合いがお勧めです。
北欧インテリアのキッチンマットこたつ布団、掛け布団カバーなどはブラウン、ベージュ、カーキ、グレーなどのダーク系のカラーが良いでしょう。
北欧の生活雑貨、日用品、小物などは民族衣装を着た子供アースカラーの寝具、キッチン用品、自然や動物をモチーフにした素敵なデザインが揃っています。
インターネット通販の専門店では、生活に潤いを与えてくれる商品が揃っているのが魅力です。
豊富な価格帯デザインの商品があるため、じっくりと比較してから購入しましょう。

北欧のインテリアにシンプルなアイテムが多い理由

北欧のインテリアはシンプルなアイテムが多く使われることで知られています。
このスタイルの人気とその理由について考えてみましょう。
まず、美しい自然に恵まれている北欧のインテリアデザインは、自然と調和することを重要視します。
簡素なデザインとナチュラルな素材は自然の美しさを引き立て、室内と外部を一体化させます。
また、気候が厳しいこと多くて寒冷な冬が長いため、快適な室内環境が求められるのも地域的な特徴の一つです。
家具も機能性を強調し、空間を使いやすく快適に保つことに要点が置かれます。
さらに、ミニマリズムの美学を反映しているのも特徴です。
不必要な装飾を削ぎ落とし、簡素化された清潔な空間を提供します。
これにより心地よい静けさが生まれ、ストレスが軽減されるでしょう。
色彩や形状の選択においても、北欧のデザインは調和と均衡を追求します。
明るい色調、自然な光、そしてミニマルなアクセントが、調和の取れた空間を作り出します。
環境への配慮も重要視されており、持続可能な素材とデザインが奨励されています。
シンプルなアイテムは長寿命で、廃棄物を最小限に抑えます。

北欧インテリアの照明器具のデザインとは

北欧インテリアに興味を持つ方は多く、インターネット上でも数多くの専門店が営業をしています。
北欧雑貨の照明器具の購入を検討している方は、多い傾向にあるデザインは派手さやゴージャスさは一切なく、どちらかと言えばシンプルで温もりを感じられるデザインが殆どです。
事例をあげると天井から吊り下げるタイプでは、国内ではあまり見ることができないような緩やかな湾曲で円形のシーリングなども多く、縁の部分など細部まで丸みを帯びたデザインも多数あります。
円筒状でライトの明かりが少し漏れるように、何段階もの段差を設けたデザインの商品もあり、寒い冬でも暖かみを感じるような仕上がりです。
他には真逆で金属製でフライパンを逆さにしたようなデザインの照明器具も多く、このタイプはカラーバリエーションが豊富にあります。
傘の部分が非常に薄く、見た目はシンプルではあるものの他には無いスタイルになることから抜群の存在感を発揮させている独特のデザインが魅力的ではないでしょうか。

北欧のインテリアの代表的なブランド

北欧家具に興味を抱く人が多くなっていますが、白い壁を基調にしたシンプルでナチュラルなテイストの内装や木製や布製など温もりを感じることができる家具および小物などの特徴を持つのが北欧です。
他にも、落ち着いたイメージを与えてくれてアースカラーの色使いやライフスタイルに自然を取り入れること、鮮やかな色合いの小物でアクセント設けることも特徴の一つです。
ちなみに、北欧はヨーロッパの北部にある国々その総称で、デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・アイスランドなどの国になります。
日本の中にも人気ブランドが多くありますが、北欧インテリアの近畿ブランドはこれらの国々に本社を置いているメーカーです。
輸入家具といったスタイルになりますが、日本の中にも支店を設けていたり代理店を通じて購入ができますし、最近ではオンラインショップを通じてオシャレなインテリアを買い揃えることも可能です。
ランキングなども参考にしながらお気に入りを探してはいかがでしょうか。